ホワイトニングをお得に選ぶのに役立つデンタル情報サイト

ホワイトニングをお得に選ぶには

ホワイトニングの要点を踏まえた優先順位の設定

自由診療であるホワイトニングは、医療行為としての性質が薄いことから医療保険が適用されることはなく、例外的に神経が壊死した歯へのホワイトニングであるウォーキングホワイトニングへの保険適用が認められていたものの、近年、法改正によってウォーキングホワイトニングも保険適用が認められなくなってしまい、基本的にホワイトニングは自由診療が前提のものとなったことから、自由診療であるが故の高額な費用負担は避けようがないものになってしまいました。

そのため、歯科医院で受けるオフィスホワイトニングや、歯科医院でホワイトニング専用のマウスピース作成と添付用の薬剤の処方を受けるホームホワイトニング、両者を組み合わせて行うデュアルホワイトニングのような高額の負担を伴うホワイトニングに変わって、市販のホワイトニング用薬剤を用いて行う、セルフホワイトニングへの需要が高まり、専門性の高い医薬品や医療機器を使用しないホワイトニングを施すホワイトニングサロンといった、新形態のセルフホワイトニングも出現しています。

もっとも、セルフホワイトニングに用いることができる薬剤は、医療用のものではありませんし、機器も医療用ではないことから、ホワイトニング効果そのものは、オフィスホワイトニングやホームホワイトニング、デュアルホワイトニングにはどうしても及ばず、歯に付着した色素を取り除く効果こそ期待できるものの、歯の染色効果は期待できません。

セルフホワイトニングによるホワイトニング効果

ホワイトニングは歯を白く染色する行為全般に加え、歯に付着ないし沈着した色素を落とす行為を指す、歯科施術の一種ですが、医療的な要素が薄く、自由診療に類されるため、医療費負担が重いことから、ホワイトニングを受ける際には、事前に優先順位を定めておき、可能な範囲で費用を抑制しましょう。

お得にホワイトニング診療を受ける方法も選べる

虫歯や歯周病といった、口腔内の病疾患の治療を行うわけではないホワイトニングは、基本的に医療保険が適用されませんが、虫歯や歯周病予防を目的とした、検査を兼ねた歯のクリーニングに限っては保険診療になるため、自由診療で歯を染色しないまでも、健全な歯を保ちたい場合に最適です。

歯の白さを求めてホワイトニング診療を受ける場合

歯の白さを追求するためにホワイトニングを受けるのであれば、歯のホワイトニングを専門とする審美歯科専門の歯科医院で、オフィスホワイトニングやホームホワイトニング、あるいは、両方を行うデュアルホワイトニングを受けるのがベターではないでしょうか。