ホワイトニングをお得に選ぶのに役立つデンタル情報サイト

>

ホワイトニングは自由診療

口腔内の病疾患を治療する施術ではないホワイトニングは、医療保険の対象外であることから、基本的に自由診療となるので、医療費の高額負担を伴うことになるため、前提として、ホワイトニングを受けるには少なくとも総額50000円以上の資金が必要です。

50000円は全く手が出せない金額ではありませんが、かといって簡単に支払いを決めることができる金額でもありませんし、歯を薬剤で白く染めるタイプのメジャーな歯のホワイトニング効果は、期限が限られてしまうことから、再度、歯を染め直すことも考慮して、金銭的な負担からホワイトニングを受けないことを選ぶ場合も少なくありません。

ただ近年、資金不足を分割返済で補える医療ローンも組めるようになったため、ホワイトニングの敷居も多少は下がっています。

保険診療でホワイトニングを受ける方法

口腔内の健康が脅かされるのを防ぐわけでも、口腔内の病疾患を治療するわけでもない歯のホワイトニングは、医療行為とはみなされないことから、基本的に自由診療と見做されることになり、ホワイトニング治療の8割以上は自由診療であると言っても過言ではありませんし、医療行為でないホワイトニング施術が保険診療でないことは当然のことでしょう。

ただし、例外的に保険適用になるホワイトニング治療もあり、虫歯や歯周病の検査を兼ねた歯のクリーニングがこれに当たりますが、歯のクリーニングによるホワイトニングは、色素沈着等を洗浄し歯を本来の色に戻す、歯の原状回復的な側面が強く、自由診療でホワイトニング施術を行う際にも施術の下準備として行われているものであることから、歯に余程色素が沈着していない限りホワイトニング効果を実感できないかも知れません。


お得にホワイトニング診療を受ける方法も選べる

この記事をシェアする